動画の長さを考慮しよう

作りたい動画の時間

長時間の動画を作成できるアプリがオススメです。
無料のアプリは、ほとんどが作れる動画に制限があると覚えておきましょう。
3分など短い時間の動画しか作れないアプリも多く、1時間ほどの動画を作りたい場合は、有料のアプリが必須です。
特に会社をアピールするための動画を作りたい場合は、長くなる可能性が高いので有料のアプリを用意しましょう。

無料のアプリを使っている人は、動画を短く編集すれば良いと思っている傾向が見られます。
しかしうまく内容をまとめるのは難しいですし、何度振り返ってもカットできるいらない部分が見つからないかもしれません。
動画作成が終わるまでに時間が掛かるので、自分の用途に合わせてふさわしいアプリを使いましょう。

3つのタイプがある

基本的に動画作成アプリは、複数の静止画を組み合わせてスライドショーを作れるタイプ、動画を編集できるタイプ、その両方ができるタイプの3種類が存在します。
どんな場合でも対応できるよう、静止画と動画の両方を使える有料のアプリを購入しておきましょう。

このようなアプリがあればビジネスだけでなく、プライベートでも思い出の写真をまとめたい時に重宝します。
写真を印刷してアルバムに保存するという方法もありますが、アルバムは大きいですし重いので管理が大変です。
さらに、せっかくアルバムがあってもなかなか見返す機会がないと思います。
スライドショーにすればDVDなどで保管するので管理が簡単ですし、みんなで動画を見ながら思い出に浸れる面がメリットですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ