アプリで簡単に作れる

ロゴや広告を消せるというのが、有料のアプリのメリットです。 これまで無料のアプリを使っていたけれど、不満を抱いていた人は有料版を購入してください。 クオリティーの高い動画を作ると大勢の人に見てもらえるので、動画制作に対するモチベーションが上がります。

動画の長さを考慮しよう

有料のアプリだと、30分や1時間など長い動画を作れるようになります。 アプリを買いたい人は、どのくらいの長さの動画を作れるのか事前に調べてください。 また動画作成をする際に、使える素材も確認しておきましょう。 静止画も使えるアプリだと、表現の幅が広がります。

SNSでみんなに見てもらう

作った動画を、みんなに見てもらいましょう。 たくさんの人が見てくれると達成感を味わえますし、また良い動画を作ろうとモチベーションが上がるきっかけになります。 そのために、SNSと連携できるアプリを使ってください。 すると、自動で動画をSNS用に変換できるので楽です。

動画の見栄えが良くなる

アプリには、有料のものと無料のものがあります。
無料のものでも基本的な操作はできますが、アプリのロゴが動画内に入る面がデメリットです。
すると見栄えが悪くなるので、気になる人やクオリティーの高い動画を作りたい人は、有料のアプリを選択してください。
また有料にすることで、広告を消すことができます。
他のことを気にせず、動画制作に集中しましょう。

オススメは、長い動画を作れるアプリです。
それぞれのアプリによって、作れる動画の時間が変わります。
中には、3分以内などかなり短い時間が指定されているアプリも存在します。
30分ぐらいの長い動画を作ることになっても良いように、自由に動画の時間を指定できるアプリを選択しましょう。
また動画だけでなく、静止画も使えるアプリが便利です。
すると自由度が高い動画になりますし、もっと理想に近づけられます。

使用できるエフェクトや機能なども調べてから、アプリを決めてください。
有料になると、無料版に比べて使用できるエフェクトが増えます。
音楽を自由に追加したり、動画のいらない部分を切ったりできる機能があるのかも確認しましょう。
さらに作成した動画をSNSに投稿するなら、そのSNSと連携できるアプリを使うのがオススメです。
すると動画が完成したらすぐSNSに投稿できますし、SNS用に動画を自動でフォーマットしてくれるものが多いです。
面倒な作業を省けるので、このような部分を条件に有料のアプリを選びましょう。